・・・・・ テーマで選んで並べてみると、絵本っておもしろい ・・・・・

 

 

 

 

バックナンバーリストはこちらをご覧下さい

書名からの検索はこちへどうぞ

 

 

 

<2022.5.24>

 

 

 

おなまえ おしえて

 

新井洋行 文・絵
偕成社
本体 \1,200.
横25.6cm×25.5cm
おすすめ年齢:2歳から

 

パンダさんも犬さんもキリンさんも、

みんな自分の名前を、

誇らしげに答えていますよ。
初めて出会った時、大抵聞かれるこの質問。
お喋りさんも恥ずかしがりの子も、
お名前言えたら嬉しいですね。
 

 

 

たんぽぽの

ちいさいたねこちゃん

 

なかやみわ 文・絵 
学研プラス
本体 \1,200.
横29.5cm×縦20.5cm
おすすめ年齢:4歳から

 
たんぽぽの花が終わって、
たくさんの綿毛ができました。

お兄さんお姉さんの綿毛たちは

風に乗って飛び立ちましたが、

末っ子のたねこちゃんは、
遠くに飛んで花を咲かせることなど
自分にできる気がしません。
 

 

 

ありんこトロッコ

 

おおいじゅんこ  文・絵 
アリス館

本体 \1,200.
横19cm×縦25.2cm
おすすめ年齢:4歳から

 
ありんこたちの地下の町を、
トロッコの車掌アリポンが案内します。
ありんこの町は、便利で、お楽しみもあって、
なかなか快適な様子。
でも、ありんこだけに細かな描写なので、
この絵本は自分のお膝でじっくりどうぞ。
 

 

 

 

<2022.1.24>

 

 

 

ひよこは にげます

 

五味太郎 文・絵
福音館書店
本体 \900.
横25.6cm×25.5cm
おすすめ年齢:2歳から

 

お父さんとお母さんと暮らす安全なおうち。

なのに、3羽のひよこは飛び出します。

日に照らされ雨に降られ、
面白いことやちょっぴり怖いことにも出会い、
それでもどんどん、どんどん進んで行くと、
あら?そこはお父さんとお母さんの待つ家でした。
 
この本で思い浮かぶは、
勿論 “きんぎょがにげた” です。
発行から、もう40年になるそうですよ。
 

 

 

 

おばあさんとトラ

 

ヤン・ユッテ 文・絵 
西村由美 

徳間書店
本体 \2,000.
横19.5cm×縦29.3cm
おすすめ年齢:5歳から

 
おばあさんとトラは雪の森で出会い、
トラは誘われておばあさんの家で暮らすことに。

しかし、町の人たちがトラに慣れていく一方で、

トラはだんだん元気を無くしていきました。

その理由を察したおばあさんは、
トラのふるさとへ向かう船の切符を買います。
自分には往復、虎には片道の。
動物と人間の友情物語は、
心温まる一方で、切ない思いもかき立てられます。
無駄のない文章と饒舌に語る絵による、
素敵なお話です。

 

 

うちのくるまは バン!!

 

鎌田歩 文・絵 
アリス館

本体 \1,300.
横23cm×縦19.6cm
おすすめ年齢:4歳から

 
バンにはたくさんの荷物が積めるんですよ。
ペンキ塗り、お引越し、お庭の手入れと、
なんでも屋さんのお仕事は毎日変わるので、
必要な道具が日替わりで積み込まれます。
乗り物マニア諸君の見ている世界を、
ぐっと広げてくれる絵本です。
 

 

 

ページのTOPに戻る