・・・・・・・・・・・・・・・テーマで選んで並べてみると、絵本っておもしろい ・・・・・・・・・・・・・・・
 

“秋深まる”の号 2017.11

 秋は 植物の世界の実りの時ですね。動物が絶え間なく活動するのに対して、植物は活動とお休みを交互に繰り返すものが多く、その周期によりわたしたちも、秋は紅葉や木の実を楽しませてもらうことができます。子ども時代は、拾った木の実が宝物のように感じられたことを思い出します。

秋に欠かせないもう1冊 もりのかくれんぼう はブログでどうぞ!

バックナンバーリストはこちらをご覧下さい。

書名からの検索はこちへどうぞ




  もりのてぶくろ

 

 

八百板洋子 文・
ナタ−リヤ・カプスティ−ナ
 
福音館書店
本体 ¥900.
初版 2010/9
横23cm×縦21cm
対象:2歳から

 

 

 

 森にきれいな葉っぱが一枚落ちていました。ねずみがやって来て手を当ててみましたが、ねずみの手よりも葉っぱの方がずっと大きいのです。うさぎもきつねも、同じように落ち葉に手を当てましたが、やっぱり大きすぎます。そして、次にやってきた大きなクマの手には、葉っぱは小さすぎるのでした。そこへ通りかかったのは、キノコ狩りの男の子とお母さんでした。男の子の手には、このはっぱの手袋、どうでしょうか?

 

 

びっくり まつぼっくり

 

多田多恵子 
堀川理万子   
福音館書店
本体 ¥900.
初版 2010/9

横21cm×縦23cm
対象:3歳から

 

 

 

 男の子が公園にいくと、まつぼっくりがいっぱい落ちていました。前からと後ろからでは、形が違って見えるね。おや?カサの隙間から何かひらひらと落ちてくるよ。次の日は雨。男の子が通りかかると、昨日のまつぼっくりは雨の中で小さくなっていました。どうしたの? ところが、ポケットに入れて帰ったそのまつぼっくりは、夜の間にまたムクムクと大きくなっていて・・・。湿度によってカサが開いたり閉じたりする不思議を説明する、簡単な実験もついています。 まつぼっくりは1年中子どもとお友だちですが、乾燥や風のせいで、やはり秋にたくさん落ちるとのことです。 

 

 

Red Leaf Yellow leaf

 

Lois Ehlert 文・絵
(輸入元:日販IBS)
本体 ¥2,880.
初版 1991
横26cm×縦26cm
対象:5歳から

 

 

 

 「あかいはっぱきいろいはっぱ 」のタイトルで2002年に福音館から日本語版が出たこの絵本は、今は品切れです。繰り返される“わたしのカエデ”という優しいフレーズから、庭に植えられた一本の木への愛情が感じられる美しい絵本ですが、秋にだけ取り上げる季節絵本ということもあり、気がついたらもう手に入らなくなっていてがっかりしたのでした。そこで、諦めきれず原書を探してみたところ、訳本と全く同じタイトルでまだ出ていました。シンプルな文章なので、日本語に訳して読んであげられそうです。(日本語版のご紹介はこちらです。・・・→


 

ページのTOPに戻る