・・・・・・・・・ テーマで選んで並べてみると、絵本っておもしろい ・・・・・・・・・

 

 

 

2020年までののバックナンバーリストはこちらをご覧下さい。

2021年はこちへどうぞ

 

 


 

 

“ひとり読みの楽しみ”の号  2022.4.22

 

読み書きを獲得するまでの子どもたちは、五感六感を総動員します。

時に、その記憶力や勘の良さに驚かされますよね。

天才か!と思ったそういう能力はやがて、

「読み書き」のスキルを手に入れる頃から薄まって、

文字という「考える道具」を使う人生が始まるのです。

 

その、一人読みはじめのい〜っぽ♪ のお子さんには、

単語だけで楽しめる絵本や、

リズムのある短い文章の作品からおすすめしますが、

何よりも、小さい人を文字に向かわせるのは、

それが、“おもしろい”と思える絵本であること。

読み聞かせも続けつつ、一人で読める喜びを見つけてほしいと思います。

 

こんとごん

てんてんありなしのまき



織田道代 
早川純子 絵
福音館
本体¥900.
初版2022/02(かがくのとも2017/3)
横23.2cm×縦25.2cm
おすすめ年齢:5歳〜

 

 

 

 

こんこん とんとんとん・・・と静かにドアを叩く、キツネのこん。
ごんごん どんどんどん!と、なにをやっても豪快な、友だちのごん。
ふたりが遊びに出かけると、楽しいことがいっぱい起こります。
その出来事を言葉にしてみると、
「あれ ふた(蓋)がとぶ」「あれ ぶた(豚)がとぶ」という具合(実際には全部平仮名)。
おやおや、点々のあると無いでは意味合いが全く違ってきますね。
自分で読めるからこそおもしろい。
文章も短いので、楽々で満足感体験できます。
 

 

こんにちは おてがみです



中川李枝子他 文・絵
福音館
本体¥1,800.
初版2006/02
横27.2cm×縦20cm
おすすめ年齢:5歳〜

 

 

 

 

絵本を開くと各ページが封筒になっていて、
ぐりとぐら あさえ だるまちゃん など、絵本の主人公からのお手紙が入っています。
宛名欄に絵本の持ち主の名前が書き込めるようになっていて、
大好きな絵本の主人公から自分宛に届いたおてがみを、
封筒から取り出すことができる、という素敵な設定です。
文字に興味を持ち始めた頃に、みんな夢中になるのがお手紙ごっこ。
その時期にプレゼントされたら、読み書きへの興味もさらに膨らむことでしょう。
 

 

おならうた



谷川俊太郎 
飯野和好 
絵本館
本体¥1,200.
初版 2006/06
横20.5cm×縦21.5cm
おすすめ年齢:4歳から

 

 

 

このテーマが、ご両親のお気に召すかどうかはわかりませんが、 ^v^
子どもたちには、おならというのは笑いのツボ。
この絵本は読んでもらっても勿論楽しいのですが、
ぶ び べ といったひと文字が読めれば、お子さん一人でも楽しめます。
一文字でも、読めた!という満足感に浸れる初心者向け。
いえいえ、この絵本の存在理由は決してそれだけではないんですけどね。
 

 

にんじゃかぞえうた

ひみつのてがみじゃ



高木あきこ 
さいとうしのぶ 
リーブル
本体¥1,100.
初版 2018/06
横18cm×縦18cm
おすすめ年齢:5歳から

 

 

 

一もんじじょう(城)のお殿様の大事な手紙を
にんじゃたちが、十もんじじょう(城)のお殿様へと届けます。
奪いに来る悪者たちを、あの手この手で防ぎつつ
大事な手紙は、一のにんじゃから十のにんじゃにまで
次々に手渡されて行きます。
その様子が韻を踏んだ短い文で構成されていますが、
いや、でも、これは少々難易度が上がりますよ・・・。
にんじゅつしょぎょう とか にんぽう とか まきびしとか、
パッパとイメージが浮かばないといけませんからね。
お侍や忍者のお話が好きなお子さんには、大いに楽しめることでしょう。
 

 


 

“風邪ひいちゃった”の号  2022.1.24

 

世界が新型コロナの感染に見舞われてもう2年になります。

このウィルス、いつかは弱体化してただの風邪になると言われるものの、

感染力が強いので、罹患すると家族と過ごせなくなるというのが、

ただの風邪と大きく違うところ。

普通の風邪なら、そんな悲壮感はありません。

むしろ、熱っぽくてぼんやりとして中で、

家族の存在や思いやりを嬉しく感じたりする非日常があります。

今回ご紹介する2冊は、まさにその“風邪で熱が出た”時のお話です。

コロナに比べたら、「幸せなお熱」ですよね・・・。

 

おかあさん おかあさん

       おかあさん・・・



大島妙子 文・絵
佼成出版社
本体¥1,300.
初版2005/11
横21.8cm×縦24.5cm
おすすめ年齢:3歳〜

 

 

 

 

おかあさん特製のホットココアがいつものように美味しくない。
わたし、風邪をひいちゃったんだ。
お母さんはおふとんにわたしを寝かせて、風邪薬を買いに出かけていきました。
仲良しのお人形たちがいるから大丈夫!と思ったお留守番だったのに、
きょうはお熱のせいか、お母さんがいないのが心細い。
窓の外には、夢ともうつつともつかない吹雪の景色が広がって、
おかあさん、おかあさん、おかあさん・・・。
 

 

おふとんのくにの こびとたち



越智典子 
出久根育 
偕成社
本体¥1,600.
初版 2005/11
横22.6cm×縦27cm
おすすめ年齢:5歳から

 

 

 

風邪で寝ていると、お布団がひょっこりと膨らんで、山ができて、
ひさこの目の前で、お布団の上にそれはそれは不思議なことが起こり始めました。
お布団のその山にいっぱい雪が降り、小さい人たちが大勢やってきて、
火を焚いて、お料理をして、パーティが始まりましたよ。
ぼんやりとそれを見ていたひさこの熱い息に気づいた小人たちは、
レマアー! 
ひさこにはわからない言葉でわいわい相談をすると、
いっぱい木を運んで来てヤグラを組んで、滑車で雪を運び、
熱で火照ったひさこの上に降らせてくれました。
オーレッ!オーレッ!
お母さんが様子を見に来たとき、もう熱は下がっていて、
ひさこはお母さんに、その不思議な小人さんたちの事を話すのでした。
 

 

 

 

ページのTOPに戻る